定期的に修繕工事をしてマンション生活に安心感を与えよう

集合住宅の窓

マンションの修繕工事は専門業者に依頼しよう

複数の世帯が暮らすマンションは修繕箇所がある場合なるべくはやく対処しなければなりません。しかしマンションの修繕工事には多額の費用がかかります。少しでも費用を抑えたいという方に是非知ってもらいたい、マンション修繕工事の業者を選ぶ際のコツを教えます。
おおまかな選択肢としてまずはゼネコンですが、こちらはマンションの新築工事なども行なっているので、建造物の仕組みや構造などの知識や建築にあたっての経験やノウハウが豊富です。しかし必ずしも大手が行うわけではなく、下請けが行うケースが多いようです。したがって中間マージンなども発生するため、費用が多くかかってしまうこともあります。ほかにはマンション修繕工事を専門とした施工業者もあります。修繕に関する知識・経験はこちらも豊富ですし、職人が在籍しているので確かな腕がありますのでこちらに依頼する方が良いでしょう。
ただ、規模の小さい会社も多く、施工場所によっては対応エリア外の場合もあるので、検討の際はその辺りをきちんと調べましょう。そして見積もりは1社だけではなく複数に依頼して、納期や費用など納得のいく業者を選ぶことが大事です。住民の生活に差し支えないようなるべく短期間で済ませられるよう施工してもらいましょう。

マンションの工事や修繕を依頼する上での注意点

マンションは経年劣化に伴い、定期的に工事や修繕が必要となります。特に、12年に一度くらいの間隔で行われることが多いマンション全体の修繕工事、改修工事の事を大規模修繕工事と呼びます。
この、大規模修繕工事を行うに当たって、決定しなければならない重要な事があります。それは、この工事、修繕をどういった業者に依頼すべきなのかという点です。やはり、大規模修繕工事ともなると、大変なお金がかかりますし、工事期間もかなり長期に渡ります。ですから、安易に決めずに、特に工事の質の面、安全面、お金の面などを十分考慮した上で決定すべきです。
依頼する先の候補としては一般的に、マンション管理会社、マンションの総合請負業者(いわゆるゼネコン)、修繕工事の専門会社が挙げられます。それぞれに特徴がある業者ですが、この3つの中でも、特に有力な候補は修繕の専門会社です。こういった専門会社は、基本的にマンションの大規模修繕を専門としているところがほとんどなので、施工実績を多く積んでいます。ですから、当然、工事の技術力は高いですし、安全への配慮も抜かりはありません。また、お金の面に関しても、他の2業者と比べて工事費用が安く済む傾向があります。こういった理由がありますので、修繕の専門会社がもっとも有力な候補になるわけです。

マンションの大規模修繕工事で気をつけるポイント

マンションは建設されてから年月が経つと、必ず経年劣化をしてしまうものです。これは避けては通れないものです。ですから、10年~12年毎に大規模な修繕工事を行うのが一般的です。いわゆる、マンションの大規模修繕工事、と呼ばれるものです。
この工事はマンションの全体に関わる、とても規模が大きな改修工事ですから、工事期間も長くなりますし、費用もかなりかかります。ですから、事前の準備を万全にして、慎重に物事を決めて、進めていく事が大切です。
特にどこを直すのかとか、どこをきれいにするのかなどの決定を、事前の会議などでスケジュールをしっかりと決めた上で実行していく必要があります。場合によってはマンションの自治会などで、修繕委員会などを作り、工事の具体的な内容、希望などを検討していくことも必要となるでしょう。
話が進み、工事を業者に依頼するという段階になった時、どんな業者にするのか、というのも重要なポイントです。おすすめなのが修繕工事の専門会社です。専門会社の良い点は、工事見積もりが安い、実績豊富なので技術が高いなどです。マンション管理会社に工事を依頼することも出来ますが、やはり修繕工事のエキスパートでは無いので、技術面で不安が残ります。このように、大規模修繕は、様々なポイントに気をつけながら進めていく必要があるのです。


エキスパートに修繕工事を依頼しましょう!【株式会社栄光】なら工事後もずっと見守る「アフターサービス」があるので安心して依頼する事ができます!

CONTENTS