定期的に修繕工事をしてマンション生活に安心感を与えよう

集合住宅の窓

マンションの大規模修繕工事を行うためには

鉄骨

マンションは建築からおよそ10~15年たつと、不具合が目立ちはじめて修繕を行わなくてはならなくなります。そこでマンション工事を行うことになった時の注意ポイントはどういったものになるでしょうか。
まずは建物診断を実施して、建物の劣化や、異常部分がないかどうかを確認して、どこを修繕しなければならないかを決定しましょう。修繕を計画的に行うためにも必須です。修繕計画が出来上がれば、次は工事をする業者の依頼の選定です。マンションの修繕は莫大な費用がかかるため、複数の業者に見積を依頼して、納得できるところを選びましょう。
その時に注意したいことは安さだけではなく、業者の施工実績、評判なども加味して工事の品質にも目を向けましょう。安さにこだわりすぎたあまりに、今後住む場所が手抜き工事で困ったということになると大問題です。業者が決まり工事が始まったら、今度は手抜き工事がないか進捗・内容もチェックすることが大事です。
これらの工程は管理組合が中心になって行いますが、やはり住民の知識だけでは不安でしたら、専門の業者、コンサルタントに相談してから行うという方法もあります。一番大事なことは自分たちが住むマンションを工事するのだから、当事者意識をもって臨むといいでしょう。

CONTENTS